当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

ソロキャンプの始め方

ソロキャンプの初期費用!後悔しないために最低限で始める方法とは?【2万円台】

yusuke_camp_1230

キャンプ場で一晩すごすだけなのに、そんなに道具は必要ありません。
がんばれば2万円台で行けるはずです!

  • 少ない予算でソロキャンプを始めるには?
  • 本当に買った方がいい物って?
  • 最低限、必要な費用は?

そんな疑問にお答えします。

ネットで調べると「キャンプに必要な道具○○選!」みたいなのが出てきて、お金がかかりそうなイメージですよね。

たしかに、お金をかけて便利な道具をそろえれば、快適にキャンプすることができます。

でも…

ゆうすけ
ゆうすけ

キャンプを続ける気にならなかったら無駄になっちゃいますよね…

私も始めるときは、
「なるべく初期費用はかけたくない!」
こんなふうに考えていました。
お小遣い制なので、余裕もなかったですしね…

迷っている方はコチラの記事
ソロキャンプ始めたいけど不安…一歩を踏み出せないあなたへ【簡単です】
ソロキャンプ始めたいけど不安…一歩を踏み出せないあなたへ【簡単です】

私が最初のキャンプに行くため道具に使った金額は、約2万5千円
それでも初めてのソロキャンプは問題なくできましたし、見事にハマって今では歴4年・トータル100泊以上は軽くしています。

少しずつ小遣いを貯めて買いそろえていきました

この記事でわかること。

  • お金をかけないで、ソロキャンプを始める方法
  • 無駄な買い物をしない、本当に買うべきもの
  • 最低でも必要な初期費用

100泊以上してわかったこともプラスして、なるべく低予算で始める方法を紹介しますね。

キャンプ道具は、いずれ必ず買い換えたくなります。

ゆうすけ
ゆうすけ

最初にかける予算が少なければ、あとから本当に欲しくなった道具を買うための資金を残しておけます。

私は低予算で始めて良かったと、心から思っています
最低限必要なものと、予算をおさえる方法を紹介していきますね。

始め方のすべてを解説してます
【超初心者必見!】ソロキャンプの始め方と必要な道具【完全ガイド】
【超初心者必見!】ソロキャンプの始め方と必要な道具【完全ガイド】

STEP1 必要な道具を知る

ソロキャンプで最低限必要なものは、

  • テント
  • テーブル
  • イス
  • 寝袋
  • マット
  • ランタン
  • 食器類
  • 収納BOX
  • 調理用バーナー
  • クーラーボックス
  • 焚き火セット(必須ではないが用意したい)

これらは最低限ないとキャンプできません。

ゆうすけ
ゆうすけ

焚き火セットと寝袋はなくても大丈夫ですが、あえて入れました。

焚き火セットが必要な理由

キャンプの大きな魅力の1つだからです。
「焚き火をしたいからキャンプしてる」そう言う人もいるくらいですからね。

諸々そろえると1万円以上はしてしまいますが、必要経費と割り切りたいところです
ここは、ケチるところではありません。

焚き火をしないと、本当のキャンプの魅力はわからないですからね。

寝袋が必要な理由

買わずに布団を持って行ってもいいんですが、かさばってしまうのでオススメできません。寝袋ならコンパクトになるので持ち運びも楽になります。

キャンプ場で大きな布団を運んでいる姿は、かなり目立ってしまいますからね。

必要な道具を全てを買ったらかなりの値段になってしまいます。
次に買わなくても済む方法を紹介しますね。

STEP2 家にあるもので代用する

家にあるもので、代用できるものを探しましょう。
すべてキャンプ用品でそろえようとすると、かなりの金額になってしまいます。

ゆうすけ
ゆうすけ

キャンプ用品は高額なものが多いんですよね…

家にある代用できそうなものは、

  • テーブル 
  • イス
  • クーラーボックス
  • バーナー (鍋用のカセットコンロ)
  • 収納BOX(取っ手がついた箱か大きなバック)
ゆうすけ
ゆうすけ

バーベキューや子供の運動会で使ったものが、倉庫の中にありませんか?

家にあるならかなり初期費用を減らせます。

  • 食器類  (プラスチック製など割れないもの)
  • ランタン (電池式のライト)

これらは、なければ100円均一やホームセンターで安くゲットしましょう。

家にあるものをキャンプ場で使うなんて、いかにも初心者丸出しですが、
人目を気にしてムダ金を使うよりはマシです。

ゆうすけ
ゆうすけ

自分が気にするほど、周りはあなたを見てませんよ

STEP3 100円均一でそろえる

最近は100円均一にキャンプ用品が充実しています。
専門店かと思うくらいの品揃えですよ。

選ばなければ、ガスバーナーと焚き火セット以外の必要な道具はすべて売っています。

ゆうすけ
ゆうすけ

テントや寝袋まで売っているところもありますからね

とはいえ、

  • テント
  • 寝袋
  • テーブル
  • イス

これらは、さすがに簡易的すぎるのでオススメできません。

  • ランタン
  • 食器
  • クーラーボックス

これらは、とりあえずであれば100円均一のもので問題ありません。
ダイソーの発泡スチロール製のクーラーボックスは優秀らしいですよ。

ゆうすけ
ゆうすけ

アウトドアストアに行く前に、のぞいてみましょう

あとは、テントのように必ず必要になってくる道具ですね。
寝袋や焚き火セットも出来れば買いたい…

この辺りは、次で説明します。

STEP4 本当に買うべき道具と選び方

上の写真は、私がソロキャンプデビューしたときの様子です。

テントはどうしても買わなければいけません。
寝袋・マット・焚き火セットも出来れば買いたいです。

おおよその金額は以下の通りです

  • テント(6千円)
  • 寝袋(3千円)
  • 銀マット(500円)
  • 焚き火セット(9千円)

順番に解説していきます。

テント

初めて買うなら、構造がシンプルでわかりやすく自立するドーム型テントをオススメします。

ゆうすけ
ゆうすけ

私が最初に買ったテントは、ネットでみつけたドーム型の新古品6千円でした。

まぁすぐ壊れましたけどね…

最初に買ったテントは、どうせ買い換えるハメになります。

キャンプにハマっていろいろ調べだすと、新しいテントが欲しくなるものです。
最初はとりあえずのテントでいいので、なるべく安いものを探しましょう。

\ちゃんとしたテントを買いたい方にオススメはコチラ/

私も使っていますが、初心者の方でも安心してソロキャンプを楽しめます。

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥27,281 (2024/02/21 17:42:11時点 Amazon調べ-詳細)

マット

寝袋の下に敷くマットは意外と忘れがちです。

用意しておかないと、辛い一夜を過ごすことになるでしょう。
テントの中とはいえ、何も敷かないで寝転がると地面のゴツゴツがダイレクトに伝わってきますからね。

良いものは数千円しますが、安く済ませたいなら厚めの銀マットで我慢。何も敷かないよりはマシです。

ゆうすけ
ゆうすけ

良いマットを買っても、慣れないキャンプで熟睡するのは難しいですからね…

本格的なマット選びはテントを買ってから、合ったものを購入した方がいいですよ。

道具の選び方はコチラの記事
ソロキャンプに必要な道具とは?失敗しない選び方【具体例あり】
ソロキャンプに必要な道具とは?失敗しない選び方【具体例あり】

焚き火セット

焚き火をするのに必要な道具は以下の通りです。

  • 焚き火台 (4千円)
  • 薪(900円)
  • 皮手袋 (ホームセンターで400円)
  • 火消し壺 (ホームセンターで2千円)
  • 焚き火シート (1千円)
  • 炭ばさみ (100円均一)
  • 着火剤 (140円)

私が最初に買った焚き火台は、4千円くらいの小さいタイプでした。
サイズが小さすぎて、市販の薪をそのまま燃やせなかったので後悔したんですよね。

焚き火台は高価なのでなるべく買い換えたくないところ。

ゆうすけ
ゆうすけ

ソロキャンプでも、大きい焚き火台をオススメします

\オススメの焚き火台です/
4千円台で買えてコスパ最強すぎです!

\焚き火するなら火消し壺は必須です/

created by Rinker
¥1,979 (2024/02/21 17:34:06時点 楽天市場調べ-詳細)

\お得な焚き火シートはコチラ/

created by Rinker
¥890 (2024/02/21 08:42:16時点 楽天市場調べ-詳細)

実はこの「最低限買わなければならない道具」はレンタルすることもできます。
\レンタルサービスはコチラ/

レンタルという解決策もあります
【簡単お手軽】始めたい人必見!キャンプ道具レンタル【hinataレンタル】
【簡単お手軽】始めたい人必見!キャンプ道具レンタル【hinataレンタル】

これで最低限必要なものは出そろいました。初期費用はどのくらいになるのでしょう…

ソロキャンプを始めるのに、必要な費用は2万円台

代用できるものが家にすべてあるのなら、ソロキャンプを始めるのに必要な費用は2万以下。
何を用意するかでも変わりますが、2万円台でそろえることは十分可能です。

食べ物はインスタントや弁当で充分。
なんなら、寝るのは車でも大丈夫です。(アイドリングしたまま寝ることはできません。)

ゆうすけ
ゆうすけ

まずは、実際にキャンプしてみることが一番重要です

もう二度とやりたくないと思うか、すぐにでも次のキャンプに行きたいと思うか、経験してみないとわかりません。

踏み出せないあなたへ
ソロキャンプ始めたいけど不安…一歩を踏み出せないあなたへ【簡単です】
ソロキャンプ始めたいけど不安…一歩を踏み出せないあなたへ【簡単です】

とはいえ、そこまでケチらなくてもいいよ…って人もいますよね。
そんな方は、コチラの記事をどうぞ。

道具の選び方はコチラの記事
ソロキャンプに必要な道具とは?失敗しない選び方【具体例あり】
ソロキャンプに必要な道具とは?失敗しない選び方【具体例あり】

自分の財布と相談しながら、無理をしない範囲で購入しましょう。

キャンプにハマると、高価な道具を買いたくなります。
初期費用は抑えるにこしたことはありません。

とにかく、最低限の道具だけ用意してキャンプしてみる。それが失敗しないソロキャンプの始め方です。

ゆうすけ
ゆうすけ

最低限の道具を用意して、ソロキャンプを初めてみましょう!

始め方のすべてを解説してます
【超初心者必見!】ソロキャンプの始め方と必要な道具【完全ガイド】
【超初心者必見!】ソロキャンプの始め方と必要な道具【完全ガイド】

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT ME
ゆうすけ
ゆうすけ
ソロキャンパー
新潟在住|キャンプ歴5年

年間40泊以上のソロキャンパー
テント泊・ハンモック泊・タープ泊・バックパックキャンプなど
「頑張らないキャンプスタイル」
インスタグラムのフォロワー2万人を突破!
YouTubeもやっています!
このブログでは、ソロキャンプの始め方を発信しています。
記事URLをコピーしました